So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

富士山 [日常]

年に1度か2度、必ず富士山を1月に見る。

それはなぜかと言うと。。。
実家が浜松なので正月、1月2日に実家に戻るからです。

つまり、東海道新幹線を使って帰る。

毎年だいたい天気がいいので
きれいな冬の富士山を拝んで帰る。。。

新幹線に乗るときは富士山側の席を取ろうとするんだけど、
これまた難しい。。。

品川から乗るから、東京駅から乗って来る人がいるので
だいたいは富士山側は空きがない。。。
一番空いてると私が思っている2号車(トイレが無いので座席が多い)
でもだ。

ので、ま、富士山が近づいたら席を立って
デッキに行って眺める&写真撮るwww
怪しい奴ですwww

「やっぱり富士山はこっち側の稜線だよなぁ〜。。。」
「富士山と言えば宝永山付きのこの感じだよなぁ〜」
と思いつつ。

15780831_699602220196861_5872045329778837743_n.jpg

ウィキペディアでも富士市からの眺めの富士山だしw

実を言うと、富士山のあのぽこっとある噴火口の名前知らなかったんすよwww
静岡県民だったのにwww

「宝永山」なんですねぇ〜。

山梨側から見た富士もいいんですが、見慣れないので
富士山っぽくないwww

いや、富士山ですがw

いやぁ〜、年初めに見るとやっぱり心が洗われて、
実家に帰る時は
優しい感じで、それでいて凛とした富士山が迎えてくれる。。。
「あぁ〜、故郷にもどるんだなぁ〜」って。

東京に戻る時は
また富士山が迎えてくれて、あまりに堂々と美しいので
「さぁ、やるぞぉ〜!」
という気分にしてくれる。

15078944_700403253450091_3448237876291391276_n.jpg

やっぱり富士山、いいですねぇ〜。

で、いつも新幹線の中から、新富士駅に近づくと
写真を撮る

で1年が始まる。。。

そうそう、富士山、1回だけ登ってる
8合目に1泊して、ご来光をみて、
御殿場ルート「大砂走り」から戻る。。。

登りは、酸素のことや、高山病の事を考慮して
ゆっくり休み休み登って結構余裕だったんですが、
帰りの「大砂走り」は地獄でしたwww

膝、太腿、足首、すべて使い、笑っちゃって笑っちゃって
登山靴もつま先に余裕がなくなるので
足先が痛くなるし。。。
悲惨でしたよ。

友達は余裕で走って先に行っちゃうしwww

ま、でもいい経験です!
「富士山頂上まで登ってご来光見た!」って言えるしwww

何事も経験ですねぇ〜。

経験は自信にもなりますよねぇ〜。

なんでも経験したいものです!

__________________________________
* So-net 旅ブログ
「イラストレーター フジタヒロミのプラプラぷらぷら」
http://nyorok28purapura.blog.so-net.ne.jp/

* フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004412679737
__________________________________
ポートフォリオ
Behance
https://www.behance.net/byuuunFuji003f
loftwork
http://www.loftwork.com/portfolios/byuuunworks
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イラスト・デザインの仕事、常時承っております
広告や出版、商品企画その他イラストに関わる様々なご要望にお応えします。

書籍・雑誌等の挿絵、キャラクターデザイン、雑貨等、
用途に合わせイラスト、デザイン制作をいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お仕事のご依頼・ご相談など、
下記お問い合わせフォームにて、お気軽にお問い合せください
お問い合わせフォーム
https://goo.gl/forms/J5KzlL6JrxGiT9jr1


★イラストサンプルが必要な場合は、
 データまたは冊子にてお送りしますので
 お気軽にご連絡ください。

ポートフォリオ冊子A5サイズ20P(以下の表紙)を無料でお送り致します。
ご希望の方は、
下記フォームにてお気軽に申し込み下さい。

ポートフォリオ希望フォーム
https://goo.gl/forms/RIdnsC4XZ3CHgATO2

A5porfori_web1.jpg

nice!(8)  コメント(2) 

2017年カレンダー イラスト「世界の名所ラフスケッチ編」 [イラスト]

2017年カレンダー作りました!

FullSizeRender_web.jpg

株式会社ライフパートナーさんとのコラボ企画
株式会社ライフパートナーのキャラクター、「シノビー」が行く
「世界の名所ラフスケッチ編」です!

訪れた場所ばかりですが、1カ所だけまだ訪れてない所があります!
さてそこはどこでしょう?

「知るか!」wですねwww

2016年のかわいいタイプとまた違った魅力ありです!(自分基準)
(去年の「イラストカレンダー2016」の記事)
http://ameblo.jp/sabakunoakaikaze/entry-12094159707.html



今回は、
A5サイズ16P壁掛けタイプ(手帳タイプにもなる?ホント?www)

2017CalendarIMG1_web.jpg

2017年のカレンダーまだ用意してなくてちょっと欲しいという方は、どなたでもお気軽にカレンダー希望を申請してください!

カレンダー代&送料無料です。
応募は以下のフォームからお願い致します。

2017年ビューンカレンダー希望
https://goo.gl/forms/L6IJ3VUyXKFTY0kC2


あ!もちろん、ついでにポートフォリオも
希望しちゃおう!って思ってる方も
大歓迎!
下記フォームからでもOKですし、
カレンダーのフォームからも申請できます。
無料です。


★イラストサンプルが必要な場合は、
 データまたは冊子にてお送りしますので
 お気軽にご連絡ください。
ポートフォリオ冊子A5サイズ20P(以下の表紙)を無料でお送り致します。
A5porfori_web1.jpg


ご希望の方は、
下記フォームにてお気軽に申し込み下さい。
ポートフォリオ希望フォーム
https://goo.gl/forms/RIdnsC4XZ3CHgATO2


__________________________________
*アメーバブログ
イラストレーター ビューン・ヒロミのイラストと旅と猫と宇宙といろいろ」
http://ameblo.jp/sabakunoakaikaze/

* フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004412679737
__________________________________
ポートフォリオ
Behance
https://www.behance.net/byuuunFuji003f
loftwork
http://www.loftwork.com/portfolios/byuuunworks
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イラスト・デザインの仕事、常時承っております
広告や出版、商品企画その他イラストに関わる様々なご要望にお応えします。

書籍・雑誌等の挿絵、キャラクターデザイン、雑貨等、
用途に合わせイラスト、デザイン制作をいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お仕事のご依頼・ご相談など、
下記フォームにて、お気軽にお問い合せください

お問い合わせフォーム
https://goo.gl/forms/J5KzlL6JrxGiT9jr1
nice!(10)  コメント(1) 

メヴラーナフェスティバル_1991/12/14 [トルコ 1991/12]

メヴラーナ旋回舞踊公演を
2016年
東京:11月15日(火)
京都:11月17日(木)
神戸:11月18日(金)
に開催するようだ!
詳しくはこちらを!
Yunus Emre Enstitüsü - トルコ文化センター東京
https://www.facebook.com/yeetokyo/


この知らせをうけ、思い出した!
1991年年末にまさに偶然、この「メヴレヴィー教団のセマの儀式」を
現地、トルコ内陸アナトリア地方の主要都市のひとつであるの街「コンヤ」にて
「メヴラーナフェスティバル」として観たのである。
メヴレヴィー教団の修道僧が回転しながら踊るセマー(施舞)。
祈りの一種である宗教儀式。


あまりに昔なので、詳しい事は覚えてないが、
チケットを買って(値段も時間も日記には書いてなかった)
フェスティバルが始まるまで、街中を散策した。

雪が降って、街の様子は以前来た時(1989/06頃)と様子が変わって
美しかった。

冬もトルコは美しいです!

さて、本題の「メブラーナフェスティバル」
写真は以下のこんな感じで、観光客もちょっといたから
宗教儀式というより観光客向けも入っていたのだろうと思なぁ。
でも、やっぱり、あの雰囲気はまさに祈りの一種である宗教儀式だったと思う。
(どっちなんだ。。。当時確かめるすべがなかったwww)

<写真は1991年のもので、ヘタクソ&不鮮明で失礼します
m( _ _;)mペコリ>
19911214turkey_konya_meb3.jpg

すり鉢状室内の真ん中で(これもかなりあやふやm( _   _ )mペコリ)
信者が音楽に合わせて回転し続けるというもの。

19911214turkey_konya_meb2.jpg

何故回転するのか、
それは、
メヴラーナの思想で、
現世に存在するものは全て無限に回転(循環)するもの。
宇宙における天体も地球も全て回転し続けるというもの。
回転つづけることにより、神との一体を図り、
神に心が届き、神の声が聞こえるというのです。

19911214turkey_konya_meb1.jpg


でもまさに宗教儀式の感じで始まり、
少数の観光客を除く他の人はこのフェステバルを楽しみにというか
宗教的意味で来てる人が多い感じだった。

なのでもちろん私達もスカーフを被って
観ました!

というのも、すべてトルコ語だし、とりたてて
華やかに盛り上げる演出をしているわけではなかった。

厳かに始まり、厳かに終わった。

旋回舞踊の時間は2〜3時間ずっと回っていたような気がする。
回って回って回って回って回って回って回って回って回って回って回る。。。

そうです!
かなりのトランス状態になります!
もちろん、観てる人もまきこまれます。

最初のうちは申し訳ないのですが、
「ちょっと回ってるだけで退屈だな。。。」
と思ったんですよ。

ですが、一部の信者はもうかなり良い感じになっているようで
こちらも観てるうちにだんだん、朦朧としてきて
トランス状態入り口は行ったくらいまでになったんですよ!

つまり、やっぱり、かなりすごいエネルギーが放出されていたんですね。
踊っている人は、ずっと停まらないで回り続けているんですから、
それはそれはすごいことです。

もし、興味のある人は現地は難しいので、
今日本に来てくれているので観てもよいかもですね。

多分、2〜3時間ずっと回っている訳でないし、
演者との距離もあるし、照明、場の雰囲気も違うので
何とも言えませんが、きっと踊っている人達の
トランス状態がすばらしい(w)ので
感動するかもしれません。。。


2005年にユネスコの無形文化遺産に登録されているようです!
おぉ〜!これは観ないてはありません。

興味のある方はぜひ観てみよう!

あ!以下の写真は
フェステイバルの前の街中散策中の
コンヤのセルミエジャァミィ(寺院)の前で

19911214turkey_konya_cermie.jpg

ではまた。
( ̄Д ̄)ノ
イイギュンレル! (^O^)/

___________________________________________
*アメーバブログ
「イラストレーター ビューン・ヒロミのイラストと旅と猫と宇宙といろいろ」
http://ameblo.jp/sabakunoakaikaze/
___________________________________________
* フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004412679737
___________________________________________
ポートフォリオ
Behance
https://www.behance.net/byuuunFuji003f
loftwork
http://www.loftwork.com/portfolios/byuuunworks
--------------------------------------------------------------------------------
nice!(5)  コメント(0) 

ソ連 看板デザイン ロシアアバンギャルド [ソ連 ツアー 1987]

ソ連(ロシア)旅行の思い出-5- 1987年9月

ソ連(ロシア)と言えば何を思い出しますか?

ボルシチ?
うんうんおししいです!大好き!
自分で作りますよ!(昔ね、最近作ってません。。。この冬作りたいw)
鶏ガラからね。。。ビーツの味がたまりません。。。

マトリョーシュカ?
かわいいですよね。。。
っていうか、なんで中にいっぱいちっちゃいのを入れたんだろう?
しかもいくつもw

チェブラーシュカ?
大好きぃ~!
グッズたくさん持ってる!(自慢?マニアには全然負けるけど!)
でも、ソ連時代には無かった。

レーニン・スターリン?
うんうん(今回うなずくだけで流しますw)

ウオッカ?
ですよねぇ~!
寒いときはこれをきゅっとやるとたちまち身体がポカポカに!
(本当に寒いとなかなか暖まりません。しかも酔わない。←真冬の某ランドにて体験済み。。。この時は友達10人くらいで行って、一人1瓶づつ持って行ったけど、マジ酔わないっす!驚きです!でも身体は暖かくなりましたw)

コサックダンス?
多分1回も足を伸ばせないだろうなぁ~www
しょっぱなで、スッ転ぶにはめになるだろう。。。って実は若い時にマネをしたことがあるんですが、これまたやっぱり、1足伸ばしで後ろにスッ転びました!
(やってるじゃんwww みんな1回はマネしたことあるよね。。。あるよね。。。)


ソ連に旅行に行った理由の1つに
「ロシアアバンギャルドが好き!」
というのがある!
というか、それが第一なんですが。。。

その2の理由がヴェーデンハの宇宙館。
ソ連と言えば、宇宙ですよね!
ガガーリン!
1961年4月12日、ボストーク1号で世界初の有人宇宙飛行に成功した。
すごい偉業です!

宇宙は、子供の頃からの憧れ!
ソ連に行く!すなわち、宇宙船を宇宙産業を見たい!
だったのです!

ヴェーデンハの宇宙館の話しはこれ↓
ヴェーデンハーに行く! [ソ連 ツアー 1987]
http://nyorok28purapura.blog.so-net.ne.jp/2016-09-02


今回は今なお残るロシアアバンギャルドに通じる
街で見る看板等のデザイン

どの看板もどのデザインもやっぱりまさにロシアなんですよねぇ~。
(ってロシアだからねw)

いいんですよ!
なにもかも。。。
かっこいい!

というわけで、全然撮ってない写真をかき集めてみました。

*最初にまさにソ連って看板と若き日の私www
看板.jpg

*レーニン
renin1.jpg

テレビ
pos13.jpg

pos11.jpg

pos9.jpg

pos8.jpg

pos7.jpg

*わぁ!おっさんだか田舎者だか、変な人写ってるw 私ですがwww
pos6.jpg

pos5.jpg

pos4.jpg

pos2.jpg

pos1.jpg

*アエロフロート
aerofrot.jpg

どれもかっこいいですよねぇ〜。
今はどうなっているのか、また見に行きたいっ!


ではでは、次回また。
( ̄Д ̄)ノ

つづく

Ничего! Ничего! (^O^)/ニチェボー!ニチェボー!

яркое солнце

Фантастика! スバラシ-! (ファンタースチカ)
ニチェボーはロシア語で、「気にしない、気にしない」っていう感じでよく使われる言葉。ニチェボー、ニチェボーと2回繰り返されることも多いようだ。
『ニチェボー』とは、ロシア語で「まあまあ・ほどほど・悪くはない」といった意味。
ロシア語で《ничего》と綴り、「どうでも構わない」とか「たいしたことじゃない」といったことを意味する言葉。
___________________________________________
*アメーバブログ
イラストレーター ビューン・ヒロミのイラストと旅と猫と宇宙といろいろ」
http://ameblo.jp/sabakunoakaikaze/
___________________________________________
フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004412679737
___________________________________________
ポートフォリオ
Behance
https://www.behance.net/byuuunFuji003f
loftwork
http://www.loftwork.com/portfolios/byuuunworks

nice!(2)  コメント(0) 

ソ連 クレムリン! 眠れるレーニン! [ソ連 ツアー 1987]

ソ連(ロシア)旅行の思い出-4- 1987年9月


ロシアと言ったら、クレムリンですよねぇ〜!

そして、そして、「赤の広場」!
なんで写真ないの?www

あ!シェーの写真ありましたねw
この「ソ連(ロシア)旅行の思い出-1-」に。

写真にはないけど、もちろん、「レーニン廟」で「眠れるレーニン」拝見させていただきました!
わぉ!凄過ぎる!
レーニン2web.jpg

ってかほとんど覚えてない、レーニンの顔しか。。。とほほ
ガラスケースに入ったレーニンをぐるっと回って歩きながら見たかなぁ〜?
写真は無い。

かなり警備は厳しかったような。。。(そりゃそうーだ!)

今も見れるのかなぁ〜?
(調べろwww)

調べました!( ̄^ ̄)ゞ
今でも拝見できるようです!
 霊廟は火、水、木、土曜日、10:00から13:00まで。無料。(カメラ、スマートフォンを持ち込み禁止)。
だそうです!

また見たいなぁ〜。
霊廟の前の兵士の衛兵交代が!
(制服萌えwww)


クレムリン
ブラゴヴェシェンスキー寺院
1ブラゴプエシチャンスキー寺院.jpg
9つの玉ネギに似た屋根(クーポル/クーポラcupola)
屋根は金メッキを施された銅板に覆われており、金色に輝くクーポルと白い壁の対比がこの大聖堂の特色

大聖堂広場の中心には、高さ81メートルのイワン大帝の鐘楼
0イワン大帝鐘楼.jpg

ブラゴヴェシェンスキー寺院トロイツカヤ塔のてっぺんには、赤い星があります。トロイツカヤ塔をくぐれば、クレムリンに入城
01トロイツカヤ塔.jpg

大砲の皇帝(大砲の王様、ツァーリ・プーシュカ)が置いてある。この中世における世界最大のカノン砲この大砲は一度も発射されたことは無い
大砲.jpg

武器庫
中にはロシアの誇る金銀財宝類が所狭しと保管されている

そして、レニングラードに移動!

列車内
レニングラード駅(モスクワ)→モスクワ駅(レニングラード)
2列車.jpg
すってきなカーテン!思わずパチリ!
にしてもおバカさんであるwww

レニングラード

プリバルティスカヤホテルからの眺め
3プリベル_ホテル眺め.jpg

4モスクワホテルからの眺め.jpg

向こうはバルト海
5barto_sea1.jpg

ネヴァ川
ペトロパブロフスク寺院の尖塔
6ペトロパブロフスク寺院の尖塔.jpg

勝利の記念塔灯台
7勝利の記念塔灯台.jpg
帝政時代、敵船の舳先を切り取って飾り付けた。
柱に舟首を飾りつけている。敵軍の舟首を切り取り勝利を記念した古代ローマの習慣に由来して造られた。


8KBAC.jpg
夏になると街のあちこちでクワス(квас)売りを見かけるようになります。クワスとはライ麦を発酵させた微炭酸の飲み物。色は黒ビールに似ています。冷戦時代には欧米メディアに「ソ連のコーラ」と呼ばれていたとか。

「飲みたいな」のポーズ!
またまたおバカさんwww

おもちゃや
9TOY.jpg

エルミタージュ横の水の自動販売機
10WATER_machine.jpg

エルミタージュ美術館(冬宮)
11エルミタージュ.jpg

スモーリヌイ寺院
12スモーリヌイ.jpg

聖イサーク寺院
13イサーク寺院.jpg

地下鉄駅
15metoro.jpg


なんだろう、やっぱりロシア行きたいなぁ〜。

写真見る度にのんびりしているロシア人とやさしいロシア人のイメージしか沸いてこないなぁ〜。

しかも、ツアーだったのであまり人々にも触れてないし、街中もちょろちょろ歩いてない。。。
つまり、また行かなくちゃいけないよねwww



ではでは、次回また。
( ̄Д ̄)ノ

つづく

Ничего! Ничего! (^O^)/ニチェボー!ニチェボー!

яркое солнце

Фантастика! スバラシ-! (ファンタースチカ)
ニチェボーはロシア語で、「気にしない、気にしない」っていう感じでよく使われる言葉。ニチェボー、ニチェボーと2回繰り返されることも多いようだ。
『ニチェボー』とは、ロシア語で「まあまあ・ほどほど・悪くはない」といった意味。
ロシア語で《ничего》と綴り、「どうでも構わない」とか「たいしたことじゃない」といったことを意味する言葉。
___________________________________________
*アメーバブログ
イラストレーター ビューン・ヒロミのイラストと旅と猫と宇宙といろいろ」
http://ameblo.jp/sabakunoakaikaze/
___________________________________________
* フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004412679737
___________________________________________
ポートフォリオ
Behance
https://www.behance.net/byuuunFuji003f
loftwork
http://www.loftwork.com/portfolios/byuuunworks
nice!(2)  コメント(0) 

ヴェーデンハーに行く! [ソ連 ツアー 1987]

ソ連(ロシア)旅行の思い出-3- 1987年

9/13(日)
ツアーの予定は
午前:市内観光
午後:クレムリン観光

↓これはソ連から帰ってきて、制作したソ連かぶれカード
タイトル「明るい 太陽」「яркое солнце」
akarui_taiyou.jpg


さて、今回の目的に「宇宙ものを見に行く」ってのがあって、
この日の午前中の市内観光を蹴り、ツアーなのに勝手に二人で別行動を取らせてもらった。

((((;゜Д゜)))))))
「えぇ~~!!!ソ連でガイド必須ツアーなのにそれあり!?」

ホントはダメかなぁ~。
あ!でも自由行動ってのがあるから、オッケーだよねぇ〜。

ラッキー!
\(//∇//)\

許してもらった理由が、私と友達は「ツアー旅行はあまりなく、ほとんどが個人旅行経験者で、旅に慣れている」なのも許された要因でもあったかな?
信頼してくれた。
ちゃんと時間までに戻ってくるってことを。
ありがとうございます!
(^人^)

・・・・・・・・・・・・・・・

実はこのツアー旅行とも別に他のツアーに乗ったとき、
ツアー最終日ベルギーのブリュッセルで夕飯が日本食だった。。。
(個人旅行も多いがツアーも意外に多い私www

「ベルギーで日本食?!ありえません!!!!」
( ̄Д ̄)ノ

ってことで、ブリュッセルに友達がいたので、その友達に会うのもあり、ツアーの夕飯は蹴って、友達が連れて行ってくれた、その時ブリュッセルで若者に一番人気のあるかっこいいレストランに連れて行ってもらいました!
おいしかったし、凄く楽しめた!

ブリュッセルは凄くアバンギャルドな街で、アートやファッション、エンターティンメントも世界の最先端を行っていたりするので、なぜこの街で日本食なのか疑問だったのだけど、ツアーだと最終日は日本食ってのが多いので嫌いです!

・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、別行動で行った、『ヴェーデンハー』です!
ВДНХ(ヴェーデンハー)は国民経済達成博覧会
(Выставка Достижений Народного Хозяйства
ヴィースタフカ ダスチジェーンニー ナロードナヴァ ハズャーイストヴァ)の略称。

当時は「国民経済成果博覧会」と訳されていた。
ソ連が経済と科学技術の進歩を誇示するために作った、一国だけで行う巨大な博覧会。
ここの「宇宙館」がお目当て!!!

自分たちで地下鉄に乗り、ヴェーデンハーに向かいます!

o(≧▽≦)o興奮です!!
二人だけのツアー!
興奮です!
O(≧∇≦)O

地下鉄もかっこいいし!
駅構内もかっこいい!
O(≧∇≦)O

とにかく街のすべてが大きくて広くてかっこいい!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

飛び立つロケットのモニュメント!
「宇宙征服者のオベリスク」

かっこいいです!!!とても大きくて空に向かって行くその姿は、圧巻です!


ガガーリンのモニュメントもかっこいい!
gagarin.jpg
(あははは、お決まりのポーズまね)


あぁ~!宇宙館!
kocmoc.jpg

kocmoc2.jpg
(一緒に写っているのは、迷子の私たちを道案内してくれた同志!
あれ?おばちゃんロシア人なのに私より小さい???ロシア人の認識を誤ってますね。わたし。。。)


ひゃっほぉ〜〜〜〜〜!!!!!
♪───O(≧∇≦)O────♪
ボストークロケット!!!
美しい!!!
bostok.jpg
(日曜日だったので多くの人でにぎわっています!)

アエロフロートだってソ連の旗印!
(今はロシア国旗になってるらしい。。。)
airplene.jpg

噴水「石の花」!美しい!
funsui_ishinohana.jpg


入るなり、興奮は絶好調です!
心臓が高鳴り、小さい頃から大好きだったソ連のロケット&人工衛星達!
cccp_eisei1.jpg

cccp_eisei2.jpg

cccp_rocket1.jpg


正面には大きく掲げられたガガーリンの写真
きゃぁ~~~!!!!!もうたまりません!!!
(T ^ T)
gagarin2.jpg
(記念にパチリ!あははは、めっちゃ緊張してる!なぜか。。。
ガガーリンの前だからです!)

素晴らしすぎて、心臓バクバクで興奮し過ぎてよく覚えてません。。。
( ̄O ̄)(←アホ!)
kocmoc_2.jpg

展示品すべてが素晴らしすぎて、もう死んでもいいくらいに興奮しました!
kocmoc_3.jpg


もう、後のツアーなんか蹴って、毎日ここに来て展示品をながめててもいいくらいな勢いです!
(来たばっかりなのにwww)

でも、午後のクレムリンのツアーも行きたいので、泣く泣くささっと見てホテルに帰りました!
(あははは、他も見たいんじゃん!そりゃそーだろ、ここまできて他にもソ連はすごいものいっぱいあるからねぇ〜!)

ありがとう!日ソ旅行者の添乗員さん!
ありがとう!友達!
ありがとう!途中で道を聞いて教えてくれたやさしい同志おばさん!
(T ^ T)

今、この写真見ると、もっと沢山フィルムを持っていって、沢山撮りたかったなぁ~と思う。
(-。-;ションボリ

当時、フィルムは何本も持って行くと思いので厳選して写真撮っていたからなぁ~!

とここまで、当時はアルバムにちゃんとコメントとか書いてなかったので、ググりながらこのブログを書いているんですが、宇宙館は今、写真撮れないのか?
そして、ロケットと人工衛星ではなく、自動車が展示してあるのか?
ま、行ってみないことにはわかりませんが。。。

また行きたいなぁ~。。。

久々に昔の写真見て思い出してまた興奮しました!
テヘペロ(〃▽〃)


ではでは、次回また。
( ̄Д ̄)ノ

つづく

Ничего! Ничего! (^O^)/ニチェボー!ニチェボー!

___________________________________________
*アメーバブログ
「イラストレーター ビューン・ヒロミのイラストと旅と猫と宇宙といろいろ」
http://ameblo.jp/sabakunoakaikaze/
___________________________________________
* フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004412679737
___________________________________________
ポートフォリオ
Behance
https://www.behance.net/byuuunFuji003f
loftwork
http://www.loftwork.com/portfolios/byuuunworks
--------------------------------------------------------------------------------
イラスト・デザインの仕事、常時承っております
広告や出版、商品企画その他イラストに関わる様々なご要望にお応えします。

書籍・雑誌等の挿絵、キャラクターデザイン、雑貨等、
用途に合わせイラスト、デザイン制作をいたします。
--------------------------------------------------------------------------------
お仕事のご依頼・ご相談など、
下記メールアドレスまたは、ブログ右のメールフォームで、お気軽にお問い合せください

byuuun3★ お手数ですが(★→@gmail.com)に変更してください
nice!(12)  コメント(2) 

トークイベント「晴れやかなロケットの打ち上げと、ロシアの“宇宙都市”をめぐる旅」 [ロケット打ち上げ]

ここ数ヶ月、ロシア熱が再び!
行きたくなってきた!!!

ussr_card.jpg

ジャァ〜〜ン!

talk.jpg

『奇界遺産』佐藤健寿トークイベント「晴れやかなロケットの打ち上げと、ロシアの“宇宙都市”をめぐる旅」
というクーリエ・ジャポン(講談社)主催イベントに行ってきた!

「ロケット打ち上げ」と「ロシア」という私に取って最強タッグがくまれている。

これは行かなくてはいけない!

色々とネットでは見て自分なりに盛り上がっているんだけど、トークイベントのいい所は、行った本人達がその場の臨場感を語ってくれるので、より身近に感じて「行きたい」熱がさらにヒートアップする事だ!

プラス、同じ考え気持ちの人がいっぱい来るので、その人達の熱気みたいのも感じて、なぜか「う〜〜ん、この人達に負けてられない」みたいなへんな感情も沸くwww

わたしだけかな?w


実は2013年(だったかな?最近時間の感覚がヤバい程早いので定かではないwww 失礼しました。m( _   _ )mペコリ)に「宇宙ライターの林公代さん」から誘われていたんだけど、この時はこの最強のイベントになぜか行けなかった。
でも行けなかったことをずっと心残りになってて、次回こそはという気持ちが毎月ごと(毎年ではないw)に盛り上がってきていた。

『奇界遺産』の写真家の佐藤健寿さん、元TBS宇宙特派員で宇宙飛行士の資格を持つ菊地涼子さん、ツアーの発起人である大陸トラベルの大森健司さん達のお話!すごい人達なので当然のようにおもしろかった!

動画で見せてくれたので、ネットの画像だけでない臨場感!
たまりません!!!!!

「ロケットの打ち上げ」は体の芯まで震えるような轟音!

くぅ〜!この音圧を感じながらの「轟音」聞きたい!

佐藤さん曰く
「物理的に音を感じる」
だそうだ!
「物理的に音を感じる」って凄い!

あぁ〜、感じたい!

これは『*宇宙ライターの林公代さんhttp://gravity-zero.jimdo.com/(宇宙の事ならこの人に聞け!のすごい人!)』からも聞いていたので、その時もやはり!
「くぅ~!音圧を感じながらの「轟音」聞きたい!」
だった!

そして、また!
これは感じずには死ねない!
(そこまでか!?そこまでだ!www)

元々、ジェット機の轟音好きで、子供の頃は家の前の空が自衛隊の飛行訓練の航路になっていたので、しょっちゅう聞いてて興奮してた!
そしてそれにも飽き足らず、戦闘機の爆音レコードまで買って聞いていたwww
あははは。バカですwww

トーク内容は、ロケットが打ち上げの感動、宇宙基地のあるバイコヌールの魅力、ロシアの宇宙開発の舞台裏など、裏話満載でした!
多分、あの時間だけでは全然一部なんだろうなぁ〜。
というのも、これまた宇宙ライターの林公代さんからもいろいろ聞いていたので知ってた。

林さんありがとうございます!m( _   _ )mペコリ

う〜〜ん、行きたい!
次回のツアーは、来年2017の11月らしい。。。
?寒そうだ!!!あわわ。。。
そして、若干の不安もある。。。
(猫の病気だったり、家族の病気だったり、今年骨折した足のことだったり。。。)

ま、来年にはまだ時間がある!

お仕事してお金貯めます!

このツアーの詳しい内容はクーリエ・ジャポンのページに詳しく書かれてます。
【『奇界遺産』佐藤健寿撮り下ろしルポ】世界で一番宇宙が近い街「バイコヌール」へようこそ
http://courrier.jp/news/archives/57198/
【『奇界遺産』佐藤健寿撮り下ろしルポ】世にも愉快なロシアの「宇宙開発」、そしてロケットは轟音とともに──
http://courrier.jp/news/archives/57203/
かつて国家機密だったロシアの「星の街」──400人あまりの宇宙飛行士の“ふるさと”を訪ねて
http://courrier.jp/news/archives/57338/

とまぁ、この記事をみてこのトークイベントに行ったわけですよ!


ではでは
( ̄Д ̄)ノ

Ciao, ciao! (^O^)/

___________________________________________
*アメーバブログ
「イラストレーター ビューン・ヒロミのイラストと旅と猫と宇宙といろいろ」
http://ameblo.jp/sabakunoakaikaze/
___________________________________________
* フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004412679737
___________________________________________
ポートフォリオ
Behance
https://www.behance.net/byuuunFuji003f
loftwork
http://www.loftwork.com/portfolios/byuuunworks
--------------------------------------------------------------------------------

nice!(12)  コメント(0) 

ソ連(ロシア)旅行1987年 -2-の集合写真のイラスト [ソ連 ツアー 1987]

「華やかな二大都市モスクワ・レニングラード(現在のサンクト・ペテルブルグ)」
1987/09/12(土)~9/19(土)8日間
日ソ旅行社(現在はロシア旅行社)
ツアーの集合写真があったので描いてみた。

写真を載せたら、きっと当時の感じめっちゃ出ると思ったのですが、自分と友達以外全部ボカシか、目の所に黒いライン入って、すごくあやしい写真になるのでやめました(笑)

ussr_tour_ill.jpg

全く似てないので、だれがどうなのかわかりませんがwww
(*^_^*)

でも雰囲気はわかるかな?
(^ω^)
わからないかぁ〜〜〜。
わからないよねぇ〜wwww
テヘペロ(〃▽〃)

とにかく、きゃぴきゃぴ20代の女子ばかりだったのだ!
くぅ〜〜〜〜〜〜〜〜!
すご〜〜〜〜〜い!

って!
あたし、ど真ん中でめっちゃ態度がでかいポージングしてるじゃぁあ〜りませんか!?

え!?あたしってこんな性格だった????????
うそぉ〜、ありえなぁ〜〜〜い!
何がそうさせたのかわかりませんが、いつもだったら絶対、後ろの隅っこに陣取るのに!!!!!!!

あわわわわわわわわ。。。
こういう性格だったとは知らなかった。。。
(ー ー;)(ホントっすか!?)

きっとみんなに、
「真ん中空いてるよ!」
「ここにしなよ!」
「ここしかないよ!」
「大丈夫!」
とか言われていい気になっていたかも。。。
思い出せないのでしかたないが。。。
とほほ。。。。


いやぁ〜、でも
こういうメンバーのツアーに、今ちょっと乗ってみたいですねぇ〜。
どういう気分なのかなぁ〜?

たった1人の未婚若者男子はどういう気分だったのだろうか?
このツアーの後、なんかあったかなぁ〜?
あったら、楽しいなぁ〜www
(^ω^)

ってかなり余計な詮索ですが、この当時は自分の事ばかりで回りに全く興味が無かったので、他人の詮索してないんですよぉ〜。

ってことは 他の女子も同じかもwww
(^^;;
なのでなんの役にも立たないツアー紹介になっています。

どんな子が、どういう目的でこのツアーに乗っかったのか!?
すいませんが、勝手に想像してください。(笑)
( ̄▽ ̄)
あしからず。。。m( _   _ )mペコリ

ではでは、次回また。
( ̄Д ̄)ノ

つづく

Ничего! Ничего! (^O^)/ニチェボー!ニチェボー!


nice!(7)  コメント(0) 

ソ連(ロシア)旅行1987年 -1- [ソ連 ツアー 1987]

sobiet_sheeee.jpg

昔の写真を引っ張り出してみた(笑)
すごいひどい写真www

「赤の広場」でシェーって(笑)

カメラもひどいけど、プリントも凄いwww
でも、この当時の「サクラプリントカラー100年もつ」ってやつですよ!
しかも、スキャンしてるのでもっとひどくなってるw


デジタルじゃないし、カメラもコンパクトカメラ
アァ~、何を使って写していたのかさえも忘れてるwww多分ペンタックスのコンパクトカメラ。
というのも、父親が小さい頃からペンタックスが好きで使っていたから、その古くなったものか、また自分で買っためちゃめちゃ安いペンタックスのコンパクトカメラだと思う。

この時は「ソビエト連邦」でゴルバチョフがペレストロイカで盛り上がっている時だったような。。。
この当時は容易に個人旅行ができなかった時代で、もし、個人で旅行すると現地のツアーガイドを雇わなくてはいけないし、飛行機や、列車や、ビザを取るのが至難の業だったし、お金も時間もかかるので、ツアーに友達と乗り込みました!

ツアーは
「華やかな二大都市モスクワ・レニングラード(現在のサンクト・ペテルブルグ)」
1987/09/12(土)~9/19(土)8日間
日ソ旅行社(現在はロシア旅行社)

なぜ、ロシア?
そう、「ロシアアバンギャルド」が好きだから。
宇宙に興味があるから。。。

そんな理由で。

なかなか昔のものは、断片的にしか覚えていないもので
思い出すのも難しいですねぇ~。

というわけで、断片的にちょろちょろと。。。


●ツアー日程
以下の通り。
ソ連日程web.jpg

これだけは残ってましたね。。。
後、旅行の時にメモっていたメモ帳も見つけた!ラッキー!
他のパンフレットとか、「旅のしおり」(あったような気もするが。。。ま、いっか。。。)とか、諸々捨ててしまってないです。テヘペロ(〃▽〃)
実質、中6日ですね。行き帰りは飛行機の中。

飛行機はもっちろん「アエロフロートーーーー!」
パイロットはきっとソ連空軍あがりの腕利きハンサムパイロットに違いない。。。
ワクワク・ドキドキ・・・萌え萌え(すいません。。。当時は「萌え」という言葉は使ってませんでした!www)
そうです!飛行機乗るとき、必ずモウソウするのはパイロットの素性www

アエロフロートは
スチュワーデスは愛想が無くて、でかい(ごつい)!
スチュワートもでかい!
なので飛行機のが小さくみえる!
事実配膳してる時にトイレに行こうものなら、通路はほぼぎゅうぎゅうで通れません(笑)

機内食もちょっぴり(ちょっぴりかな?)質素です。
m( _   _ )mペコリ
メニューは覚えてません。。。
というのもその後何度かアエロフロートでモスクワ経由で旅行してるので、
最初のアエロフロートの機内食が思い出せない。。。
っていうけど、毎回同じようで質素だったのでその思い出のままでオッケーな気もしてきた(笑)

aerofrot_goods.jpg
アエロフロートグッズ
一番下の透明な袋は多分カトラリーが入っていた袋
プラスチックだったのか、多分使って持って帰ってこなかったんだねw

ロシアの食事と言えば、思い出の中で一番凄かったのが、何年だったかな?忘れました。
多分ロシアになってからしばらくしてからだと思うのですが。。。m( _   _ )mペコリ
2月にアエロフロートでモスクワ経由でトルコに行った時だ。

天候悪くて、モスクワから飛行機が出なくて空港近くの国営ホテルに泊まったのだけど、
食べ物が無い。。。

その日の夕飯が5mmくらいのパッサパサの食パン半切れとうっすぅ~いハム半切れと水だけ。。。
そんなに無いのか!?と驚き!
一緒に行った友達と「お金出して買おう!」ということになり、ホテルのショップへ。。。
冷蔵庫も棚も空っぽ!
マジっすか!?
てなわけで、ウオッカしか売ってなかったので、ウオッカでお腹を満たす事に。。。
空きっ腹で呑んだウオッカおいしかったんだけど、あっと言う間に意識が無くなり、倒れるようにベットに!
朝驚いたのは、寝ながら吐いてしまっていた。。。

(あ!食事中の皆様ごめんなさいm( _   _ )mペコリ)

今思うと、横向いて寝ていなかったら、喉に詰まらせて死んでいたかも。。。
恐ろしい!!!
でも、お腹の中空っぽだから、ウオッカと水しか吐いてないけどね。。。

ホテルの人、ごめんなさい。
m( _ _;)mペコリ
汚しました。。。

あ!機内食の話だったのにホテルの話になってました!
m( _   _ )mペコリ
しかも、違う旅行の話しwww


さて、モスクワの空港は葉巻の香りがした。。。
「と日記に書いてある。
もちろんどんな匂いだったのか覚えていない。。。」

成田から空港に着いてそのままバスで街の老舗(多分)レストラン「アルバートレストラン」で夕食。
外観がめっちゃかっこいい!!!!!
sobiet_arbart1.jpg

大きいレストラン!

2階席(3階?)で夕食。

アコーディオン弾きがフロアにいて、席をまわっている。
結婚式の披露宴もしているようだ。
真ん中が吹き抜けになってて2階席から1階のフロアが見える。

生バンドが入ってて、みんな踊っている!
楽しそう!
私も1階で遊びたい!と思ったが、ツアーなので食事が終わってここはこのままホテルに行きました!
ちぇっ!

あ!食事内容。。。
覚えてませんが、スープ(ボルシチ)と牛肉のステーキだったような気がします。
いやこの日はもっと質素かなぁ~?覚えてない。。。とほほ。。。

すべて味は薄く、ステーキはぱっさぱさで噛み切れず、胡椒の味も塩の味もなかったような。。。
で、持参した(飛行機で使わなかったものを持ってきていた。この当時飛行機で出されたもののいくつかはおみやげとして持って帰って来ていた。)その胡椒と塩かけましたwww

胡椒はインド(アジア)のものなので、この時代になっても貴重品なのだと思います。
シルクロードを通って来た胡椒はこの北の大地では本当に貴重品なんだと実感です!
こんなに大きなレストランでもおいてないのですから。。。
(持ってきて正解!そして、以後ロシアを経由の時は胡椒を持ち歩くようになったのです。
もちろん、小腹がすいてひもじくないようにお菓子も持参するようになりました!www)


う~~ん、80年代なのに、ここモスクワは60年代か70年代のままでした。
でも、若者がこのレストランには少なかったようで、若者は別の所で80年代してるのかなぁ~?
という感じだったかな。

ロシア人はヨーロッパ人のように気取ってなくて牧歌的で陽気な感じ。
ま、愛想はないんですけどね。。。w
ロシア語の語感がわりと明るい感じだからかな?
という、しょっぱなの感想でしたwww


TVは4局くらい。

街には軍人と警察官があふれてる!
車も四角い車でライトが丸い60'sぽい車、そして軍用トラックが多い!(いいっすねぇ~!)
萌え萌え!制服萌え!m( _   _ )mペコリ
ポスターは色もきれいだし、デザインもカッコイイ!
なにしろ超かっこいいキリル文字が街中にあふれてますからっ!
とても好きな、萌え萌えの街ですっ!
くぅ~!道路も何もかも広くて大きい!


この旅行のソ連側のガイドはだいたい2人!(1人の時もある。理由はわかりません。)
(2人も付くのか!ってことは個人旅行だとめっちゃお金かかりますなぁ~~~。。。)
ツアー人数=22人 日ソ旅行者のガイド1人とロシアのガイド2人

そして、モスクワでは国営のホテル「ウクライナホテル」に泊まります!
(というか、旅行者は国営ホテルにしか泊まれない)
イエェ~~~イ!4つ星ぃ~!(個人旅行ではほぼ星が付いた所には泊まってなかったので興奮www)
wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A

ウィキで外観、今知ったwww
あははは。。。めっちゃかっこいい!
モスクワ大学の外観のようだ!
ってスターリン・ゴシック様式といって、モスクワ大学もこの様式なんだねぇ~!
かっこいいです!
見てたはずなのに、記憶が薄いwww
と、書いているうちになんとなく思い出して来たwww

sobiet_ukraina1.jpg
ウクライナホテルの部屋からの眺め
真ん中の空の点はUFOではなくて写真のゴミ
m( _   _ )mペコリ

ではでは、次回また。
( ̄Д ̄)ノ

つづく

Ничего! Ничего! (^O^)/ニチェボー!ニチェボー!

___________________________________________
*アメーバブログ
イラストレーター ビューン・ヒロミのイラストと旅と猫と宇宙といろいろ」
http://ameblo.jp/sabakunoakaikaze/
___________________________________________
nice!(11)  コメント(0) 

ロボットレストラン 新宿 Tokyo

さて、エイミーの行ったロボットレストラン。
私も前の年の5月に行ってるので
ちょっと紹介。

(≧∇≦)おもしろかったです!

最初は友達の外人が日本の遊びにきたら行きたい所で必ずあげるので興味津々だったんですよ!
どんなところなのか?

「ロボットレストトラン」だけだと

むむむ、ロボットがいるレストランだよね。
ということで
( ̄▽ ̄)想像しました!

以下の感じです。。。

roboresu_ime.jpg

(*^o^*)いい感じ!

(^O^)/楽しそう!

でも何故外人が好きなのか不明。。。
(°_°)

とういわけでググりましたよ!もちろん。

サイト参照です。
「ロボットレストトラン」
http://www.shinjuku-robot.com/pc/index.php?lng=ja

あれ?想像と違いますぅ〜〜〜。
(´・_・`)

カオスな間違って日本を認識してる外人のイメージ!
(; ̄ェ ̄)
そういうことか。。。

でも、映像だけでは全然わけがわかりません。。。

というわけで、確かめに行くことに!
( ̄Д ̄)ノ

友達誘ったんですが、誰も乗ってこなかったので
甥っ子2人と一番下の弟と行きました!
(>人<;)

お姉ちゃんだし、行きたそうにしてなかったのでもちろんおごりです!
(無理矢理な感じでもあります!( ̄^ ̄)ゞ)

自分が行きたいからしかたないっすよね!
( ̄ー ̄)

でもぉ〜〜〜、最終的に楽しかったようです。。。
(弟だけは、音が大きすぎるのと、ショーのフロートがギリギリまで迫るので、圧迫感があったらしくしんどかったみたいです。ごめんね。。。最後列の席をとれば良かったね!
おねえちゃん、どうしても最前列でかぶりつきで、ばっちり臨場感で観たかったのよぉ〜。
m( _ _;)mペコリ)


私たちが観たものは花魁とか、女郎とか、女剣士とか、太鼓とかのものだった。。。

これは外人好きですね。
(^◇^;)

HPみると、いろんな映像があるので違うショーやってるみたいですね〜。


入場券で入場して、ウエイティングルームで待ちます。
このとき、このフロアでショーがあるのではなく、べつのフロアである。

で、ドリンク等のみ、ここでも音楽のショーをやってるのでそれを楽しみながら待ちます。
ギラギラなフロアで不思議です。

で見渡す限り、外人しかいません。。。
(・・;)
もちろん、アナウンスも英語。。。わおぉ!
(´o`
で、時間が来たらフロアを移動して、
メインのショーがあるフロアに行きます!

天井もそんなに高く無く、意外と狭いかな?の印象!
いやぁ〜、この狭さがすごい圧迫案と高揚感を生む!
(=゜ω゜)

三列くらいづつひな壇になったテーブル付き椅子に座ります。

roboresu.jpg

図の通り、まん中にショーのスペースがあって両側をお客さんが囲む感じです。
なので向かいのお客さんの様子もみれます!

興奮してるなとか。。。
叫んでるなとか。。。
(笑)

それに「釣られてこちらも負けじと興奮します。
(なぜ、対抗意識燃やすのかわかりませんがwww
( ̄O ̄;)

アナウンスやショーの進行は英語ですwww

そして、お弁当を頼んだ人はお弁当が配られます。

というわけで、お弁当はここでは頼みませんでした。
終わってからおいしいもの食べに行こうと!
だって新宿ですよ!

あと、サイトでみたらショーを観ながらあのお弁当は微妙でしたので。。。
ごめんなさい。。。
レストランなのにショーだけ観ました!
m( _   _ )mペコリ

内容はHPで観てね。。。
はしょってしまいました。。。
m( _   _ )mペコリ


いやぁ〜、私的には楽しかったです。
ψ(`∇´)ψ

お色気満載だったので、ちっちゃい子はどうかな?と思いますが、
変なイベント感満載で、これは外人楽しいです!


気になってるものは観ておくべきですねぇ〜www


あ、で、観た後、4人で近くの「叙々苑 新宿歌舞伎町店」に焼き肉食べに行きました!
おいしかったです!
( ̄ー ̄)

ロボットレストランのボケボケの写真も貼っておきますwww
(//∇//)

IMG_6592.jpg

IMG_6591.jpg

IMG_6594.jpg


ではでは、また。
( ̄Д ̄)ノ

Ciao, ciao! (^O^)/

___________________________________________
*アメーバブログ
イラストレーター ビューン・ヒロミのイラストと旅と猫と宇宙といろいろ」
http://ameblo.jp/sabakunoakaikaze/
___________________________________________
フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004412679737
___________________________________________
ポートフォリオ
Behance
https://www.behance.net/byuuunFuji003f
loftwork
http://www.loftwork.com/portfolios/byuuunworks
--------------------------------------------------------------------------------

nice!(19)  コメント(4) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。