So-net無料ブログ作成

トークイベント「晴れやかなロケットの打ち上げと、ロシアの“宇宙都市”をめぐる旅」 [ロケット打ち上げ]

ここ数ヶ月、ロシア熱が再び!
行きたくなってきた!!!

ussr_card.jpg

ジャァ〜〜ン!

talk.jpg

『奇界遺産』佐藤健寿トークイベント「晴れやかなロケットの打ち上げと、ロシアの“宇宙都市”をめぐる旅」
というクーリエ・ジャポン(講談社)主催イベントに行ってきた!

「ロケット打ち上げ」と「ロシア」という私に取って最強タッグがくまれている。

これは行かなくてはいけない!

色々とネットでは見て自分なりに盛り上がっているんだけど、トークイベントのいい所は、行った本人達がその場の臨場感を語ってくれるので、より身近に感じて「行きたい」熱がさらにヒートアップする事だ!

プラス、同じ考え気持ちの人がいっぱい来るので、その人達の熱気みたいのも感じて、なぜか「う〜〜ん、この人達に負けてられない」みたいなへんな感情も沸くwww

わたしだけかな?w


実は2013年(だったかな?最近時間の感覚がヤバい程早いので定かではないwww 失礼しました。m( _   _ )mペコリ)に「宇宙ライターの林公代さん」から誘われていたんだけど、この時はこの最強のイベントになぜか行けなかった。
でも行けなかったことをずっと心残りになってて、次回こそはという気持ちが毎月ごと(毎年ではないw)に盛り上がってきていた。

『奇界遺産』の写真家の佐藤健寿さん、元TBS宇宙特派員で宇宙飛行士の資格を持つ菊地涼子さん、ツアーの発起人である大陸トラベルの大森健司さん達のお話!すごい人達なので当然のようにおもしろかった!

動画で見せてくれたので、ネットの画像だけでない臨場感!
たまりません!!!!!

「ロケットの打ち上げ」は体の芯まで震えるような轟音!

くぅ〜!この音圧を感じながらの「轟音」聞きたい!

佐藤さん曰く
「物理的に音を感じる」
だそうだ!
「物理的に音を感じる」って凄い!

あぁ〜、感じたい!

これは『*宇宙ライターの林公代さんhttp://gravity-zero.jimdo.com/(宇宙の事ならこの人に聞け!のすごい人!)』からも聞いていたので、その時もやはり!
「くぅ~!音圧を感じながらの「轟音」聞きたい!」
だった!

そして、また!
これは感じずには死ねない!
(そこまでか!?そこまでだ!www)

元々、ジェット機の轟音好きで、子供の頃は家の前の空が自衛隊の飛行訓練の航路になっていたので、しょっちゅう聞いてて興奮してた!
そしてそれにも飽き足らず、戦闘機の爆音レコードまで買って聞いていたwww
あははは。バカですwww

トーク内容は、ロケットが打ち上げの感動、宇宙基地のあるバイコヌールの魅力、ロシアの宇宙開発の舞台裏など、裏話満載でした!
多分、あの時間だけでは全然一部なんだろうなぁ〜。
というのも、これまた宇宙ライターの林公代さんからもいろいろ聞いていたので知ってた。

林さんありがとうございます!m( _   _ )mペコリ

う〜〜ん、行きたい!
次回のツアーは、来年2017の11月らしい。。。
?寒そうだ!!!あわわ。。。
そして、若干の不安もある。。。
(猫の病気だったり、家族の病気だったり、今年骨折した足のことだったり。。。)

ま、来年にはまだ時間がある!

お仕事してお金貯めます!

このツアーの詳しい内容はクーリエ・ジャポンのページに詳しく書かれてます。
【『奇界遺産』佐藤健寿撮り下ろしルポ】世界で一番宇宙が近い街「バイコヌール」へようこそ
http://courrier.jp/news/archives/57198/
【『奇界遺産』佐藤健寿撮り下ろしルポ】世にも愉快なロシアの「宇宙開発」、そしてロケットは轟音とともに──
http://courrier.jp/news/archives/57203/
かつて国家機密だったロシアの「星の街」──400人あまりの宇宙飛行士の“ふるさと”を訪ねて
http://courrier.jp/news/archives/57338/

とまぁ、この記事をみてこのトークイベントに行ったわけですよ!


ではでは
( ̄Д ̄)ノ

Ciao, ciao! (^O^)/

___________________________________________
*アメーバブログ
「イラストレーター ビューン・ヒロミのイラストと旅と猫と宇宙といろいろ」
http://ameblo.jp/sabakunoakaikaze/
___________________________________________
* フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004412679737
___________________________________________
ポートフォリオ
Behance
https://www.behance.net/byuuunFuji003f
loftwork
http://www.loftwork.com/portfolios/byuuunworks
--------------------------------------------------------------------------------

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ソ連(ロシア)旅行1987年 -2-の集合写真のイラスト [ソ連 ツアー 1987]

「華やかな二大都市モスクワ・レニングラード(現在のサンクト・ペテルブルグ)」
1987/09/12(土)~9/19(土)8日間
日ソ旅行社(現在はロシア旅行社)
のツアーの集合写真があったので描いてみた。

写真を載せたら、きっと当時の感じめっちゃ出ると思ったのですが、自分と友達以外全部ボカシか、目の所に黒いライン入って、すごくあやしい写真になるのでやめました(笑)

ussr_tour_ill.jpg

全く似てないので、だれがどうなのかわかりませんがwww
(*^_^*)

でも雰囲気はわかるかな?
(^ω^)
わからないかぁ〜〜〜。
わからないよねぇ〜wwww
テヘペロ(〃▽〃)

とにかく、きゃぴきゃぴ20代の女子ばかりだったのだ!
くぅ〜〜〜〜〜〜〜〜!
すご〜〜〜〜〜い!

って!
あたし、ど真ん中でめっちゃ態度がでかいポージングしてるじゃぁあ〜りませんか!?

え!?あたしってこんな性格だった????????
うそぉ〜、ありえなぁ〜〜〜い!
何がそうさせたのかわかりませんが、いつもだったら絶対、後ろの隅っこに陣取るのに!!!!!!!

あわわわわわわわわ。。。
こういう性格だったとは知らなかった。。。
(ー ー;)(ホントっすか!?)

きっとみんなに、
「真ん中空いてるよ!」
「ここにしなよ!」
「ここしかないよ!」
「大丈夫!」
とか言われていい気になっていたかも。。。
思い出せないのでしかたないが。。。
とほほ。。。。


いやぁ〜、でも
こういうメンバーのツアーに、今ちょっと乗ってみたいですねぇ〜。
どういう気分なのかなぁ〜?

たった1人の未婚若者男子はどういう気分だったのだろうか?
このツアーの後、なんかあったかなぁ〜?
あったら、楽しいなぁ〜www
(^ω^)

ってかなり余計な詮索ですが、この当時は自分の事ばかりで回りに全く興味が無かったので、他人の詮索してないんですよぉ〜。

ってことは 他の女子も同じかもwww
(^^;;
なのでなんの役にも立たないツアー紹介になっています。

どんな子が、どういう目的でこのツアーに乗っかったのか!?
すいませんが、勝手に想像してください。(笑)
( ̄▽ ̄)
あしからず。。。m( _   _ )mペコリ

ではでは、次回また。
( ̄Д ̄)ノ

つづく

Ничего! Ничего! (^O^)/ニチェボー!ニチェボー!


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ソ連(ロシア)旅行1987年 -1- [ソ連 ツアー 1987]

sobiet_sheeee.jpg

昔の写真を引っ張り出してみた(笑)
すごいひどい写真www

「赤の広場」でシェーって(笑)

カメラもひどいけど、プリントも凄いwww
でも、この当時の「サクラプリントカラー100年もつ」ってやつですよ!
しかも、スキャンしてるのでもっとひどくなってるw


デジタルじゃないし、カメラもコンパクトカメラ
アァ~、何を使って写していたのかさえも忘れてるwww多分ペンタックスのコンパクトカメラ。
というのも、父親が小さい頃からペンタックスが好きで使っていたから、その古くなったものか、また自分で買っためちゃめちゃ安いペンタックスのコンパクトカメラだと思う。

この時は「ソビエト連邦」でゴルバチョフがペレストロイカで盛り上がっている時だったような。。。
この当時は容易に個人旅行ができなかった時代で、もし、個人で旅行すると現地のツアーガイドを雇わなくてはいけないし、飛行機や、列車や、ビザを取るのが至難の業だったし、お金も時間もかかるので、ツアーに友達と乗り込みました!

ツアーは
「華やかな二大都市モスクワ・レニングラード(現在のサンクト・ペテルブルグ)」
1987/09/12(土)~9/19(土)8日間
日ソ旅行社(現在はロシア旅行社)

なぜ、ロシア?
そう、「ロシアアバンギャルド」が好きだから。
宇宙に興味があるから。。。

そんな理由で。

なかなか昔のものは、断片的にしか覚えていないもので
思い出すのも難しいですねぇ~。

というわけで、断片的にちょろちょろと。。。


●ツアー日程
以下の通り。
ソ連日程web.jpg

これだけは残ってましたね。。。
後、旅行の時にメモっていたメモ帳も見つけた!ラッキー!
他のパンフレットとか、「旅のしおり」(あったような気もするが。。。ま、いっか。。。)とか、諸々捨ててしまってないです。テヘペロ(〃▽〃)
実質、中6日ですね。行き帰りは飛行機の中。

飛行機はもっちろん「アエロフロートーーーー!」
パイロットはきっとソ連空軍あがりの腕利きハンサムパイロットに違いない。。。
ワクワク・ドキドキ・・・萌え萌え(すいません。。。当時は「萌え」という言葉は使ってませんでした!www)
そうです!飛行機乗るとき、必ずモウソウするのはパイロットの素性www

アエロフロートは
スチュワーデスは愛想が無くて、でかい(ごつい)!
スチュワートもでかい!
なので飛行機のが小さくみえる!
事実配膳してる時にトイレに行こうものなら、通路はほぼぎゅうぎゅうで通れません(笑)

機内食もちょっぴり(ちょっぴりかな?)質素です。
m( _   _ )mペコリ
メニューは覚えてません。。。
というのもその後何度かアエロフロートでモスクワ経由で旅行してるので、
最初のアエロフロートの機内食が思い出せない。。。
っていうけど、毎回同じようで質素だったのでその思い出のままでオッケーな気もしてきた(笑)

aerofrot_goods.jpg
アエロフロートグッズ
一番下の透明な袋は多分カトラリーが入っていた袋
プラスチックだったのか、多分使って持って帰ってこなかったんだねw

ロシアの食事と言えば、思い出の中で一番凄かったのが、何年だったかな?忘れました。
多分ロシアになってからしばらくしてからだと思うのですが。。。m( _   _ )mペコリ
2月にアエロフロートでモスクワ経由でトルコに行った時だ。

天候悪くて、モスクワから飛行機が出なくて空港近くの国営ホテルに泊まったのだけど、
食べ物が無い。。。

その日の夕飯が5mmくらいのパッサパサの食パン半切れとうっすぅ~いハム半切れと水だけ。。。
そんなに無いのか!?と驚き!
一緒に行った友達と「お金出して買おう!」ということになり、ホテルのショップへ。。。
冷蔵庫も棚も空っぽ!
マジっすか!?
てなわけで、ウオッカしか売ってなかったので、ウオッカでお腹を満たす事に。。。
空きっ腹で呑んだウオッカおいしかったんだけど、あっと言う間に意識が無くなり、倒れるようにベットに!
朝驚いたのは、寝ながら吐いてしまっていた。。。

(あ!食事中の皆様ごめんなさいm( _   _ )mペコリ)

今思うと、横向いて寝ていなかったら、喉に詰まらせて死んでいたかも。。。
恐ろしい!!!
でも、お腹の中空っぽだから、ウオッカと水しか吐いてないけどね。。。

ホテルの人、ごめんなさい。
m( _ _;)mペコリ
汚しました。。。

あ!機内食の話だったのにホテルの話になってました!
m( _   _ )mペコリ
しかも、違う旅行の話しwww


さて、モスクワの空港は葉巻の香りがした。。。
「と日記に書いてある。
もちろんどんな匂いだったのか覚えていない。。。」

成田から空港に着いてそのままバスで街の老舗(多分)レストラン「アルバートレストラン」で夕食。
外観がめっちゃかっこいい!!!!!
sobiet_arbart1.jpg

大きいレストラン!

2階席(3階?)で夕食。

アコーディオン弾きがフロアにいて、席をまわっている。
結婚式の披露宴もしているようだ。
真ん中が吹き抜けになってて2階席から1階のフロアが見える。

生バンドが入ってて、みんな踊っている!
楽しそう!
私も1階で遊びたい!と思ったが、ツアーなので食事が終わってここはこのままホテルに行きました!
ちぇっ!

あ!食事内容。。。
覚えてませんが、スープ(ボルシチ)と牛肉のステーキだったような気がします。
いやこの日はもっと質素かなぁ~?覚えてない。。。とほほ。。。

すべて味は薄く、ステーキはぱっさぱさで噛み切れず、胡椒の味も塩の味もなかったような。。。
で、持参した(飛行機で使わなかったものを持ってきていた。この当時飛行機で出されたもののいくつかはおみやげとして持って帰って来ていた。)その胡椒と塩かけましたwww

胡椒はインド(アジア)のものなので、この時代になっても貴重品なのだと思います。
シルクロードを通って来た胡椒はこの北の大地では本当に貴重品なんだと実感です!
こんなに大きなレストランでもおいてないのですから。。。
(持ってきて正解!そして、以後ロシアを経由の時は胡椒を持ち歩くようになったのです。
もちろん、小腹がすいてひもじくないようにお菓子も持参するようになりました!www)


う~~ん、80年代なのに、ここモスクワは60年代か70年代のままでした。
でも、若者がこのレストランには少なかったようで、若者は別の所で80年代してるのかなぁ~?
という感じだったかな。

ロシア人はヨーロッパ人のように気取ってなくて牧歌的で陽気な感じ。
ま、愛想はないんですけどね。。。w
ロシア語の語感がわりと明るい感じだからかな?
という、しょっぱなの感想でしたwww


TVは4局くらい。

街には軍人と警察官があふれてる!
車も四角い車でライトが丸い60'sぽい車、そして軍用トラックが多い!(いいっすねぇ~!)
萌え萌え!制服萌え!m( _   _ )mペコリ
ポスターは色もきれいだし、デザインもカッコイイ!
なにしろ超かっこいいキリル文字が街中にあふれてますからっ!
とても好きな、萌え萌えの街ですっ!
くぅ~!道路も何もかも広くて大きい!


この旅行のソ連側のガイドはだいたい2人!(1人の時もある。理由はわかりません。)
(2人も付くのか!ってことは個人旅行だとめっちゃお金かかりますなぁ~~~。。。)
ツアー人数=22人 日ソ旅行者のガイド1人とロシアのガイド2人

そして、モスクワでは国営のホテル「ウクライナホテル」に泊まります!
(というか、旅行者は国営ホテルにしか泊まれない)
イエェ~~~イ!4つ星ぃ~!(個人旅行ではほぼ星が付いた所には泊まってなかったので興奮www)
wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A

ウィキで外観、今知ったwww
あははは。。。めっちゃかっこいい!
モスクワ大学の外観のようだ!
ってスターリン・ゴシック様式といって、モスクワ大学もこの様式なんだねぇ~!
かっこいいです!
見てたはずなのに、記憶が薄いwww
と、書いているうちになんとなく思い出して来たwww

sobiet_ukraina1.jpg
ウクライナホテルの部屋からの眺め
真ん中の空の点はUFOではなくて写真のゴミ
m( _   _ )mペコリ

ではでは、次回また。
( ̄Д ̄)ノ

つづく

Ничего! Ничего! (^O^)/ニチェボー!ニチェボー!

___________________________________________
*アメーバブログ
「イラストレーター ビューン・ヒロミのイラストと旅と猫と宇宙といろいろ」
http://ameblo.jp/sabakunoakaikaze/
___________________________________________
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行